お勧めです。たけ島♪♪♪

 竹島問題の竹島は島根県隠岐郡隠岐の島町に属しております。
 隠岐島からは北西約157Km、韓国の鬱陵島(うつりょうとう)からは約92Kmの位置(北緯37度9分30秒、東経131度55分)に在ります。
 竹島は日本・韓国双方の大陸棚とは繋がっていない孤島であり、島は2つの小島(西島、東島と呼ばれる)と、これを取り囲む数十の岩礁で構成されています。
 この2つの主島は、いずれも海面から屹立(きつりつ)した峻険な火山島で、幅約150メートルの水道を隔てて東西に相対しており、面積は全ての島嶼(とうしょ)を合わせても約0.2平方kmで、日比谷公園ほどの大きさしかないそうです。
 竹島問題を理解するには、先ず鬱陵島の歴史を知ることが大事です。
 鬱陵島は朝鮮半島から115kmの海上にあり、島の大きさは70Km2です。
 鬱陵島は西暦512年以来、韓国の支配下にありました。
 しかし、李氏朝鮮(1392-1910)は、鬱陵島への渡航を禁られていました。
 これには大きく分けて二つの理由があり、国内的には税金を逃れて島に渡るものが後を絶たなかったことと、対外的には倭寇による襲来から島民を守る為で,この無人島政策は1438年から1881年まで続けられたとのことです。
 そして、17世紀初頭、伯耆国(ほうきこく=現・鳥取県)米子の海運業者だった大谷甚吉(おおやじんきち)が、航海中に暴風に遭い、無人島になった鬱陵島に漂着しました。
 彼は、新島の発見と考え、帰国後、同志の村川市兵衛とはかり、1618年に江戸幕府(1603-1868)から鬱陵島への渡航許可を受け、鬱陵島はその発見から「竹島」や「磯竹島」と呼ばれるようになりました。
 大谷、村川両家はその後毎年交替で鬱陵島に渡り、アシカ猟やアワビの採取、木材の伐採などを行い、両家の鬱陵島経営は78年間続けられました。
 当時鬱陵島へ渡るコースは、隠岐島から松島(現在の呼び方で竹島)を中継地にしており、大谷、村川両家は、この竹島(旧・松島)の経営をも手がけていました。
 江戸幕府は松島に対する渡航許可も1656年に出しており、竹島が航路中の寄港地、漁猟地として利用されアシカ猟を行っていた記録も残っているそうです。
 注意:(竹島はむかし松島と呼ばれ、鬱陵島は竹島と呼ばれていた。韓国もこの歴史的経緯・事実に対しては異論は出ていない)

 と~っても長~い助走にお付き合い頂き有難うございます040.gif

 今回ご紹介させて頂くのは、領土問題でニュースにも取り上げられるそちらの竹島ではなく、鹿児島県三島村の竹島の方です。

 ・・・そして、たけ島出身の職人さんが今年開店されたお寿司屋さんの名前が【たけ島】です。
 
c0194551_1318479.jpg


 場所は、天神ピラモール 南国タクシーさんのアーケードでない方の通りにあります。
 
c0194551_13214929.jpg


 先日、友人に連れられて行った時のネタケース↓↓↓ 
 ♪右端の貝殻付きのが【タイラギ】 貝殻付きは初めてみました011.gif
 
c0194551_13385268.jpg

 このお若い方が大将の日高さんです。
 美味しい物を追求される研究&お勉強熱心な方で、最近仕上がったカラスミは絶品でした。
 もっともっと沢山頂きたかった・・・・037.gif
 
c0194551_1325358.jpg


 六人分のお席のみですので、もしご興味のある方は是非ご予約をなさって下さいね062.gif

 〒892-0842鹿児島県鹿児島市東千石町3-26
 099-227-1808
 またにランチ時間もされているらしいのですが、もっぱら夜がメインのお店です。

 所在地をご覧になりたい方はストリートビュー(←クリック)をご参照下さいませ。
 ストリートビューは、お店は開店前のものですので映っていませんが、南国タクシーさんの車庫の向かい側の建物です。
  
 日高さんによるとお客様の平均単価は約6千円程とのことです。是非、ご堪能下さいませ
040.gif

 いつもブログをご覧頂き誠に有難うございます。
 040.gif今回のブログは、売買担当 PINKY(濵ノ上)でした。
 売買情報満載【ブログde不動産】も是非ご参照下さいませ。

 
 

by dolphin-shinsei | 2011-11-22 19:12 | Comments(0)
line

ピタットハウス鹿児島城西店(株式会社新聖都市開発)のスタッフブログです♪


by dolphin-shinsei
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30